増田陽子のビタミンCブログ

ビタミンCから、分子栄養学や機能性医学、予防医学、アンチエイジングの世界を知りました。ビタミンC療法のメッカであるリオルダンクリニックで勉強中です。勉強したことの記録ですが、読んだもの全てをまとめているわけではなく、勉強になったことを書き出している感じです。

抗酸化剤がオートファジーを抑制する?!ビタミンCは大丈夫??

老化や様々な慢性疾患(がん、認知症ほかもろもろ)の原因として、酸化ストレス病原性タンパクの蓄積の増加が近年のパラダイムとなっています。

 

これらを防ごうと思ったら、単純に考えて、酸化ストレスに対しては抗酸化力を、病原性タンパクの蓄積に対してはファスティングなどでオートファジーを高めようと思いますよね。

 

今回、この素敵なオートファジーが抗酸化剤などによって阻害される!?ということを小耳に挟んだので、少し調べてみました。

[20566712]の論文などによると、ビタミンEの大量投与や、NAC(Nアセチルシステイン)の投与によってオートファジーが阻害されるというのは確かにあるようです。

 

ここでオートファジーの促進や阻害について簡単に整理してみると、 

オートファジーを手軽に促進するファスティングはROS(酸化ストレスを起こす活性酸素)、もっというとH2O2の増加を誘発し、オートファジーを促進しているようです[PMID:19407826] 

ファスティングによる酸化ストレスの増加は、オートファジーによる効果によって相殺される(むしろオートファジーによる健康効果が勝つ)ので、問題になりません。)

 

 

ちなみにビタミンEや、NACやグルタチオンなどのチオール系抗酸化剤はどちらも抗酸化剤ですが、

・ビタミンEはmTOR回路

・NACはJNK1活性からのBcl-2リン酸化

を介して、オートファジーを阻害するようで[20566712]

なかなか単純に「抗酸化物質はオートファジーを阻害する」とは言えないのかもしれないな?という雰囲気が漂ってきます。

 

またオートファジーについても、グリオーマなどのいくつかの腫瘍では、

化学療法や放射線療法などで腫瘍のオートファジーがアップレギュレートされ、細胞増殖は停止するがアポトーシスは誘導しない[15809734]

など、単純に「体のゴミたんぱくを減らす良い機能」とは考えられる訳ではなさそうです。

(こういうオートファジーが邪魔な状態には、オートファジーを阻害するビタミンEやNACなど使えそうです。)

 

 

そうは言っても、たいていはオートファジーは体に良い方向に働くわけだし、ビタミンCが大好きな私としては、ビタミンCはどうなの?!オートファジーを阻害しちゃうの??と非常に心配になってくるわけです。

 

ビタミンCとオートファジーの関連について少し調べてみると、どうやらビタミンCはリソソームにおけるタンパク分解を促進し、[12153478] 

しかも、その作用はアミノ酸がある状態で認められ、ない状態では起こらなかったので、[28804003]

 

絶食時(アミノ酸がない状態)ではオートファジーのスピードに影響なく、食べ物を食べている状態(アミノ酸がある状態)で、オートファジーを増やします。

(え、待ってこれって絶食時間を短くできるってことかな?最高じゃない♡)

また、普通のビタミンCでも酸化型ビタミンCでも同様のオートファジー促進効果があったようなので、この作用が抗酸化作用に関係ないことが推測されます。

 

そしてこのビタミンC依存性のオートファジーはSVCT2(トランスポーター)に依存して[26280298]

SVCT2は年齢や[23089627]、1型DMの骨髄[23999113]で低下し、逆にHCCの癌幹細胞などでは増えている[29872720] ようです。

 

HCCに対する効果への期待も高まります♡

 

ということで、まだまだ分かっていないことは多いですが、

ビタミンCはアポトーシスとオートファジーを調節してくれそう♡ということがわかったので、これからも私はビタミンCの内服と気が向いたときにIVCを続けようと思いました。